詩投稿のBBS>お日さまのした

         

のアイコンをクリックすると作品を投稿することができます




多分どちらもたいせつ (3)
童話のように優しいあたたかい詩
ふるる

水族 (0)
バケツに水はなみなみつがれ
ふるる

トーキン (3)
困らせたいわけじゃない
ふるる

マリオン (2)
ガラスの皿を洗った台所がふくらんで
ふるる

グルグル (0)
目の前は いつもグルグル
白いニャー

静かの海 (0)
白夜

いかす冬の予報。 (0)
吹きわたれよ風、
T.Hamaguchi

ヴーケ (0)
戦場から
水瀬史樹

猫。 (0)
おまえはそこにいたり、いなかったり、
T.Hamaguchi

(5)
ささやきも
ふるる

(0)
一匹の昆虫
ふるる

オレンジ (2)
太陽の寿命
ふるる

(0)
さくらんぼのカクテル
ふるる

ぱらぱら (0)
薄っぺらい僕は積み重ねられて
水瀬史樹

白の真夏。 (0)
太陽がのぼった午前9時20分
T.Hamaguchi

おひさまいろのメアリー (2)
メアリーは土の中
水瀬史樹

凛と (2)
夕暮れは冬の茜色
ふるる

ミルク色のカップ (2)
買ったばかり
ふるる

黒蜜ときなこのわらびもち。 (2)
食べたよ。
T.Hamaguchi

乱心。 (0)
その時、
T.Hamaguchi

※ page : 1/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [次へ→]